01:01 2018年09月26日
地球の気候の温暖化

地球温暖化はテロリズム拡大の一因か?

© 写真 : Pixabay
社会
短縮 URL
239

「決断的な地球温暖化対策を取らずにテロリズムと効果的に戦うことは不可能だ。」

スプートニク日本

フランスのマクロン大統領は8日、ハンブルクG20サミットでスピーチし、そう述べた。この発表は大きな論争を呼んだ。マクロン大統領はまた、パリ協定の枠組内のプロジェクト予算を審議する、気候問題に関する首脳会議が12月12日、パリで開かれると発表した。これは協定署名のちょうど2年後にあたる。

環境分野の地政学における専門家フランソワ・ジェメン氏はスプートニクのインタビューに対して、次のようにコメントした。

ソマリ半島やバングラデシュ、パキスタンのように、気候、つまり、環境もまた著しく悪化した世界の地域がある。それにより現地の多くの人は生活の手段を失った。これは、過激主義やテロリズムの良い温床だ。」ジェメン氏は、適応プログラムを開発し気候変動の影響を和らげることは可能だとの見解を示す。例えば、生活の手段を得るなんらかの手段を与えて、生産量減少を補償することなどだ。洪水からいくつかの地域を守ることも可能だ。

気候変動は不可逆的なプロセスだが、人口に対するその影響を和らげることは可能で、ひいては一部の人々がテロネットワークの格好の餌食になる可能性を減らすことに繋がる。

タグ
地球温暖化, テロ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント