18:17 2017年09月23日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    日本で職を探す外国人が困惑する5つの瞬間

    日本で職を探す外国人が困惑する5つの瞬間

    © Fotolia/ Vadym Drobot
    社会
    短縮 URL
    11387123

    日本での職と成功を望む卒業生にとって、慣れる必要がある一連の特色が存在する。日本の雇用におけるいくつかのニュアンスは、外国人を驚かせ心を折りさえする可能性がある。

    スプートニク日本

    ① 履歴書や書類を手書きで記入すること

    多くの国では、手書きの履歴書はすぐさまゴミ箱行きだ。コンピュータで文書作成ができない候補者は、存在しないも同然だと考えられているためだ。しかし、このルールは日本では通用しない。手書きの履歴書は企業や目指す地位に対する尊敬を示すものだという。

    ② 服の形状やスタイル

    全世界の面接ではビジネススタイルの服が歓迎される。しかし日本では衣服は最大限にフォーマルである必要がある。スタンダードで古典的な暗色のスーツに加え、候補者はメイクアップや髪型における自由を最小限に抑える必要がある。あまりに厳しいドレスコードは、服装の適度な自由が禁止されていない国から訪れたひとにとって予期せぬものとなりうる。

    ③ グループ面接

    大企業のなかには新卒採用で大グループの面接を行うことが珍しくない。大量の候補がいるときは特に便利な制度だ。全候補者に全く同じ質問が出されることは特筆すべきだろう。

    ④ どんな仕事をするか知らない

    全ての募集がそうではないが、総合職ポストの募集をする企業がある。これは、就職が決まると同時に、恒常的な地位が決まるまで同企業内部のいくつかの部門で働く未来も決定することを意味する。

    この前、世界で最も快適な生活環境の25都市が発表された。

    タグ
    露日関係, ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント