14:21 2020年11月29日
社会
短縮 URL
0 23
でフォローする

女性で初の「数学のノーベル賞」と言われるフィールズ賞受賞者、イラン出身のマリアム・ミルザハニさんが15日、米国の病院で死去。40歳だった。AFP通信が報じた。

スプートニク日本

訃報は、友人でNASA勤務のフィールズ・ナデリ氏がインスタグラムで公表した。

イランのメディアによると、ミルザハニさんは4年前からがん治療を受けていたが、脊髄に転移したという。

ミルザハニさんは1977年、イラン首都テヘランで生まれ2008年にはスタンフォード大学教授に就任。2014年にフィールズ賞を受けとった。

​​先の報道によると、中国政府批判を繰り返していた民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が中国で死去した

タグ
科学, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント