12:00 2018年08月20日
両足をなくしたモデルが義足をつけてファッションショーに【写真】

両足をなくしたモデルが義足をつけてファッションショーに【写真】

© Sputnik / Kirill Kallinikov
社会
短縮 URL
0 40

スコットランドに住むステイシー・パリ(Stacy Paris)さんが、ベルファストで開催のオルタナティブ・ファッション・ウィークに参加して、両脚を切断した英国初のモデルになった。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

ステイシーさんは、「モデル業をしたいとは一度も思わなかったですが、2年後にはいくつかのショーに出ました。そして今、私は英国唯一の、2回の切断手術を経験したモデルです」としたうえで、「これは、違うものでいていいし、それは何も意味しないと人々に示すチャンスなのです」と述べた。

2009年、フランスでの休暇中に細菌感染症が進行して、ステイシーさんの細胞の壊死を招いた。命を救うために左足の切断手術を行ったが、感染の進行を止めることは叶わなかった。ステイシーさんは数年間で20以上の手術を経験し、完全に左脚を失った後、右脚の膝下を失った。

ステイシーさんは義足をつけてファッションショーに参加。義足によって、8センチ身長が伸びたという。

 

 

先の報道によると、肌の色で嘲り笑われていた南スーダン出身の女性がインスタグラムで大人気となり、モデルのキャリアを始めた。

タグ
モデル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント