03:20 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 14°C
    中国のSNS「くまのプーさん」禁止

    中国のSNS「くまのプーさん」禁止

    CC BY 2.0 / Sam Howzit / Pooh's Happy Spot
    社会
    短縮 URL
    0 211432

    中国のSNS「微博(ウェイボー)」は、ユーザーが投稿で「くまのプーさん」の中国名に言及することを禁止した。英紙「フィナンシャル・タイムズ」が伝えた。

    スプートニク日本

    同紙によれば、英国の児童文学作家A・A・ミルンの作品に登場する小熊のキャラクターの名前に言及した投稿が、SNSを管理する当局からこの週末に「検閲を受けた」。

    「くまのプーさん」という表現を使って記事を投稿しようとすると、画面に「違法な内容」と表示されたということだ。しかしユーザーの中にはこの規制を迂回できた者もいたようだ。その他にも、中国のインスタントメッセンジャーサービス「微信(ウェイシン)」から「くまのプーさん」のGIF形式の画像がいくつか削除された。

    「微博」の広報部はこの情報についてコメントしていない。中国当局もインターネットでの新たな規制について公式には発表していない。「フィナンシャル・タイムズ」紙の取材を受けた複数の専門家は、「くまのプーさん」の禁止は、複数のユーザーが以前このキャラクターを中国の習近平国家主席にたとえたことと関係がある、と考えている。

    「微博」はツイッターの中国版といえるもので、2009年にサービスを開始し、現在5億人を超えるユーザーが利用している。

    先の報道によると、米国の調査報道NPOメディア「プロパブリカ」(ProPublica)は、コンテンツモデレートと検閲に対するフェイスブックの立場を明らかにした。

    タグ
    文化, 映画, 中国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント