22:45 2019年07月17日
ジョン・レノンが自らの殺害犯のためにサインしたレコード 米国で競売に【写真】

ジョン・レノンが自らの殺害犯のためにサインしたレコード 米国で競売に【写真】

© AP Photo/ Associated Press
社会
短縮 URL
0 22

ジョン・レノンが、その後自らを殺害することになる男のためにサインしたレコードが、米国で競売にかけられることになった。

スプートニク日本

伝説的バンド「ビートルズ」の元ギタリストだったジョン・レノンとオノ・ヨーコが製作したアルバム「ダブル・ファンタジー」が収録されたこのレコードは、レノンを殺害したマーク・チャップマンが持っていたもの。

1980年12月8日、チャップマンはマンハッタンのレノンの自宅があるアパートの近くで彼を待ち受け、レノンにレコードにサインしてくれるよう頼んだ。その5時間後、チャップマンはレノンを射殺した。

犯人の指紋の付いたそのレコードは逮捕時にチャップマンのジャンパーから落ち、重要な証拠の一つとなった。その後このレコードの所有者は何回か変わった。

今回競売の主催者は、このレコードに最低でも150万米ドルの値がつくと期待している。

​先に伝えられたところでは、ジョン・レノンさんがかつて住んでいたリバプールにある家で、女性と2人の子供の遺体が見つかった。

タグ
音楽, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント