08:37 2018年09月23日
「地獄のクリスマス飾り」が海で見つかる【写真】

「地獄のクリスマス飾り」が海で見つかる【写真】

© Sputnik / Anton Denisov
社会
短縮 URL
0 30

生物学者が海で発見された奇妙な生物について伝えた。それは南極海に生息する、体長20センチの金色の虫だ。

スプートニク日本

それは輝く金色の毛で覆われた楕円形の身体を持っており、口からは鋭い歯が飛び出ている。そのためこの生き物は遠目ではクリスマスツリーの飾りを思わせる。この虫、エウラギシカ・ギガンティア(Eulagisca gigantea)は多毛類。

米カリフォルニア州にあるモントレーベイ水族館研究所の専門家によると、身体を覆う毛には多くの用途があり、ヒレの機能や、海底を移動するための小さな足、盾としての機能も果たす。

エウラギシカ・ギガンティアの習性について多くは知られていない。初めて発見されたのは1939年、水深600メートルで。写真で頭のように見えるものは、実際には折りたたみ可能な咽頭で、毛の中に隠れることができる。一方で、食事の際は咽頭が長さ5センチまで飛び出るという。

タグ
おもしろい
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント