19:00 2020年10月24日
社会
短縮 URL
111
でフォローする

米国のポルノ女優エリザベス・スターさん(46)はその16カップの巨乳のために危うく命を失うところだった。

スプートニク日本

エリザベスさんは25年前に30万ドルの大枚をはたいて当時の古い技術のインプラント手術をうけ、胸部に特殊な液体を注入した。この手術はあらゆる医者から拒絶された。なぜならこれほどまでの大きさのインプラント手術は行う権利を持つ医師はいなかったからだ。

それでも手術を押し通したエリザベスさんの乳首からは、その昔注入した液体が流れだしはじめ、エリザベスさんはとうとう感染症にかかってしまった。

緊急事態に外科医らも介入を余儀なくされた。エリザベスさんへのインプラント交換手術は整形手術についてのTVショー「Botched」への出演が条件で、無償で行われることになった。
医師らはエリザベスさんのインプラントを戻のサイズの通りに交換した。ただし何のためにこれが必要だったのかはわからない。エリザベスさんはすでにポルノ女優を引退し、年金生活に入って息子を養育中だからだ。

Публикация от @allegracoleworld Мар 9 2016 в 11:32 PST

先に伝えられたところ、ブラジル人のジェニファー・パンプローナさん(24)は、崇拝するキム・ガーダシアンさんのようになることを夢見ている。そのために何度も整形手術を受け、中には命を危険にさらす手術もあったという。

関連記事

ブラジル人の女性、夢をかなえるためにお尻に2リットルの脂肪を注入する【写真・動画】

ニコール・キッドマン、50歳記念に大胆写真【写真・動画】

タグ
びっくり, ポルノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント