03:25 2019年07月19日
甲骨文字

古代の漢字を解読して! 中国で賞金150万円のチャレンジ発表【写真】

© Flickr/ 李 宁
社会
短縮 URL
130

中国河南省安陽市にある中国文字博物馆は全世界にいる有志の古文書学者、研究者、漢字愛好家に、3000年以上前の占いに用いられた甲骨文字の解読を呼びかけた。中国国営テレビ「中国中央電視台」が23日に報じたところ、1文字解読につき賞金10万元(約164万円)が約束されている。

スプートニク日本

解読結果の認定作業には、古代文字の専門委員会が携わる。

甲骨文字は、紀元前16世紀から11世紀、殷代後期に使われた亀の甲羅や動物の骨に刻まれた文字で、主に占いに用いられた。研究者は、甲骨文字は現在確認できる最古の漢字で、漢字の字形解釈の典拠にされている。専門家によると、甲骨文字は古代の神託や預言、当時の政治的情勢の記録に用いられていた。

研究者は、甲骨文字で現在発見されたのはおよそ4500文字だという見解で一致。現時点までに2800字以上が解読されている。

関連記事

NASA 放射線シールドをつくるために折り紙職人を探す

東京アニメアワードフェス2018  応募受付開始

タグ
研究, 歴史, 言語, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント