14:27 2018年12月10日
マイケル・ジャクソン

マイケルの元プロデューサー、遺族から10億円取得 米評決

© Sputnik /
社会
短縮 URL
0 11

故マイケル・ジャクソンさんのヒット曲を手掛けた伝説的な音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズさんが印税を求めた訴訟で、ジャクソンさんの遺産相続人らは940万ドル(約10億円)を支払うべきと言い渡された。ジョーンズさんは3000万ドルを求めていたが、被告側は4万ドル以上を支払う意向を見せなかった。音楽サイト「ビルボード」が報じた。

スプートニク日本

ロサンゼルスの裁判所は、「Bad」「Thriller」「Off The Wall」などの共作者であるジョーンズさんに、2009年のジャクソンさんの死後発生した印税など940万ドルを支払うよう判決を下した。

ジョーンズさんはこれを受けて、判決に満足しているとして次のように述べた。

「私や私の同僚たちにはさらに多くの額が当然だと私は確信しているが、それでも裁判官らのこのような判決に感謝している。」

ジョーンズさんはさらに「この起訴でマイケルの記憶を侮辱することは絶対にしたくなかった。この金は私だけでなく、私たちが共にこの歌を創り上げたすべての人々が受け取るべきなのだ。その数は非常に多く、彼らみんなが報奨に値する。」

関連記事

なぜマイケル・ジャクソンの娘は、父親が殺されたと確信しているのか?

ショック・ロックの帝王、40年間倉庫に眠っていたアンディ・ウォーホルの絵を見つける【写真】

タグ
びっくり, スキャンダル, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント