11:45 2017年12月12日
東京+ 7°C
モスクワ0°C
    英国王室ウィリアム王子

    英国王室ウィリアム王子 救急航空隊のキャリアを終了

    © AFP 2017/ John Stillwell
    社会
    短縮 URL
    0 21

    英国王室のウィリアム王子が空飛ぶ救急車「イースト・アングリアン・エア・アンバランス」のパイロットとしての職を退いた。27日、夜間の最後の勤務を終わらせた。今後は王室のメンバーとしての義務に従事する。

    スプートニク日本

    ウィリアム王子は2年にわたり航空救急隊で勤務。ご本人いわく医療サービスでの仕事を誇りに思っており、そこで得た経験に感謝している。

    ウィリアム王子は「素晴らしい人々が働いている。この人たちは毎日、人命を救っている。これを誇りに思う」と語っている。

    王子の働いた医療サービスは火事、食中毒、落馬、心臓麻痺、苦痛事故など様々な非常事態における被災者を救っている。

    王子に支払われた給与は全額救急サービスの慈善基金に振り込まれた。

    世界の王室のなかには王室の仕事に飽き足らず、思わぬ職業についている人もいる。先日、オランダ国王は極秘でパイロットとしてアルバイトしていることを打ち明けている。

    英国王室ウィリアム王子
    Photо: EPA
    英国王室ウィリアム王子
    タグ
    航空, ウィリアム王子, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント