00:33 2018年12月13日
チェルノブイリ原発事故

テレビ局HBO チェルノブイリ原発事故のドラマ制作へ

© Sputnik /
社会
短縮 URL
222

米国のテレビ局HBOは、チェルノブイリ原子力発電所の事故をテーマにしたミニドラマの制作を発表した。AP通信が報じた。

スプートニク日本

ミニドラマは全5話で、英国の俳優ジャレッド・ハリスさん(映画『マリアンヌ』、『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』、『17歳の処方箋』、『ハピネス』、『デッドマン』などに出演)が、事故調査のためクレムリンがチェルノブイリに派遣したソ連の学者を演じる。

ドラマ「チェルノブイリ」の撮影は、リトアニアで2018年春に始まる。

チェルノブイリ原発事故は、人類史上最大の人災の一つ。1986年4月26日、原発の4号機で爆発が発生し、放射性物質が放出した。事故発生から3ヶ月で約30人が死亡し、ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの住民およそ840万人が放射線を浴びた。

1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発事故の原因は、未だに学者たちの間で論争を呼んでいる。現時点で、相反する2つの公式説明がある。先ほど、スプートニクは新しい非公式説明をご招待した。

タグ
事故, 歴史, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント