21:22 2018年10月19日
裁判

シリコンバレーの日系ハーフ投資家 リベンジのためにレイプされた女性を騙る【写真】

© Fotolia / Dianaduda
社会
短縮 URL
0 04

米シリコンバレーのベンチャーキャピタリストで「フォネックス・ベンチャー・キャピタル」社の代表取締役のアニス・ウッザマン氏は女性を騙って性的暴力を受けたとして自分を非難したライバルを訴えた。ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

ウッザマン氏が訴えを起こしたのは、女性を騙った匿名のブログに掲載された内容が流布され、論議の的になったため。そのブログのあるポストにはウッザマン氏が見知らぬ女性をホテルの一室に呼び、商談の後「彼女を性的に利用した」と書かれていた。

捜査の結果、この話を掲載したIPアドレスはウッザマン氏の直接的ライバルであるビートラック社のブランドン・片山・ヒルCEOのホームアドレスと一致。 ブランドン・片山・ヒル氏は日本で生まれ育った日米のハーフで2004年にサンフランシスコにビートラックス社を設立し、CEOに就任した。

ウイルスと化したポストにはウッザマン氏は頻繁にプライベートな会談に女性を招待し、彼女らのプロジェクトへの投資を約束し、交換条件として性的な関係を要求すると書かれている。

ヒル氏はこうしたポストの作成への関与を否定しており、自分の家のWi-Fiには数十人の人間がアクセスしていると付け加えている。

関連記事

ホワイトハウス内スキャンダル 大統領首席補佐官が精神分裂症患者扱いされる

タグ
スキャンダル, 裁判所
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント