10:49 2019年07月24日
世界の視覚障害者の数 2025年までに3倍に

世界の視覚障害者の数 2025年までに3倍に

© Fotolia / Yuganov Konstantin
社会
短縮 URL
0 34

世界では2025年までに目が見えない人の数が3倍に増える可能性がある。医学誌Lancet Global Healthに掲載された研究の中で述べられている。

スプートニク日本

学者たちによると、2015年には目が見えない人の数は世界人口73億3000万人のうち3600万人だったが、2020年までに3850万人となり、さらに30年後には1億1500万人になる可能性があるという。学者たちはこれを高齢者の増加と結びつけている。

なお調査結果によると、視覚障害者が最も多いのは南アジア、ならびにサハラ砂漠より南に位置するアフリカの国々。
学者たちは、1990年から2015年までの188カ国のデータを分析した。結果、現在2億人以上が中程度から重度の視覚障害を抱えており、この数は2050年までに5億5000万人を超える可能性が示されたという。

2016年の日本人の平均寿命が男女ともに過去最高を更新した。女性は7・14歳、男性が80・98歳となった。共同通信が、厚生労働省が公表した簡易生命表を引用して報じた。

タグ
人口, 調査, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント