19:47 2017年11月24日
東京+ 10°C
モスクワ-4°C
    シャーロッツビルで極右派とその反対派が衝突した事件

    シャーロッツビル事件後のオバマ氏のツイートに史上最多の「いいね」

    © REUTERS/ Joshua Roberts
    社会
    短縮 URL
    21893811

    シャーロッツビルで極右派とその反対派が衝突した事件後にオバマ前米大統領が投稿したツイートは、過去最多の数の「いいね」を集めた。ユーザーの動きを調査しているサイトfavstar.fmのデータがこれを証明している。

    スプートニク日本

    オバマ氏はツイートの中で、南アフリカ国家政治活動家の故ネルソン・マンデラ氏の言葉を引用した。マンデラ氏はかつて「生まれながらに、肌の色や出自、宗教の違いで人を憎む人などいない。人々は憎しみを学ぶものなのだ。だが、憎しみを学べるのであれば、愛することも教えられるはずである。愛とは、その反対の感情よりも、人間の心に自然に届くものだから」と述べていた。この言葉をオバマ氏は3回のツイートに分けて投稿し、最初の投稿には273万を超す「いいね」がついた。

    これまでに過去最大の人気ツイートとされていたのは、歌手アリアナ・グランデがマンチェスターで5月22日に起きたテロ事件の後に投稿したもので、「胸がはりさけそうです。心の底から本当にとても残念です。表現すべき言葉が見つかりません」と記されたツイートは、およそ272万の「いいね」を集めていた

    先の報道によると、米南部ノースカロライナ州ダラムで南北戦争時の南軍兵士の像が倒された事件で実行者の1人が逮捕された。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント