15:17 2018年01月23日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    米国 人種差別犯罪者の死刑執行に新薬が使用

    米国 人種差別犯罪者の死刑執行に新薬が使用

    © Fotolia/ DDRockstar
    社会
    短縮 URL
    201

    フロリダ州政府は、人種差別に基づく殺人で有罪死刑を宣告されていた男性に対し、これまで使用されたことのない鎮痛剤を用いて死刑を執行した。AP通信によると、マーク・アサイ死刑囚(53)は、フロリダ州で人種差別犯罪者として初めて極刑を科された。彼は1987年に人種差別によりアフリカ系米国人を殺害したことで最高刑の死刑を宣告されていた。

    スプートニク日本

    今回の死刑執行にあたり薬物注射に使用されたのは新薬の鎮痛剤「エトミデート」。この目的では従来は「ミダゾラム」が使用されていたが、製薬会社側が相次いで死刑に用いるための供給を拒んだことから、調達が難しくなっていた。

    先の報道によると、米南部バージニア州シャーロッツビルの路上で12日、白人優位主義や極端な右派思想を掲げるグループの集会があり、これに抗議するグループとの間で激しい衝突が起き、さらに反対派が集まっていた付近に車が突入した。少なくとも3人が死亡、34人が負傷した。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント