14:46 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    麻生財務相、ヒトラー発言を「不適切」と撤回

    麻生財務相、ヒトラー発言を「不適切」と撤回

    © AFP 2017/ KAZUHIRO NOGI
    社会
    短縮 URL
    5580112

    麻生太郎副総理兼財務相は30日午前、前日の講演で「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた自身の発言を「不適切」だったとして撤回するコメントを発表した。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    麻生氏は29日、横浜市で実施した麻生派研修会の講演で、政治家の心構えを説きながら「(政治家を志した)動機は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱり駄目だ」と発言。ナチス・ドイツの独裁者の「動機は正しかった」と擁護しているとも受け取られかねない言葉は、波紋を呼ぶ恐れがあった。

    同氏はコメントの中で、前日の発言を「あしき政治家の例として挙げた」と釈明したものの、「ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかだ。例示として挙げたことは不適切であり撤回したい」と記した。

    一方、民進党の山井和則国対委員長は、国会内で記者団に対し「大失言だ。閣僚として極めて恥ずかしい。適性を疑わざるを得ない」と批判した。

    世界の政治家の中にはこれまでにも、ヒトラーに関して様々な意味に解釈されかねない失言をした要人がいる。フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は昨年、記者団の前で自らをヒトラーと例えた発言を行い、新たな物議を醸していた。後に、同大統領はこの発言を謝罪した

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント