00:18 2018年08月21日
ルイ・ヴィトン、グッチなどに痩せ過ぎのモデルの起用を禁止

ルイ・ヴィトン、グッチなどに痩せ過ぎモデルの起用を禁止

© AP Photo / Francois Mori
社会
短縮 URL
0 20

仏ファッション業界大手で、 ルイ・ヴィトン、ジバンシィ、マーク・ジェイコブスなどのブランドを傘下におさめるLVMH社(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)ならびに、 グッチ、サン・ローランなどを従えるケリング社は6日、これらの傘下ブランドに対し、ファッションショーなどで痩せ過ぎのモデルを起用しないよう命令を出したと発表した。フィナンシャル・タイムズが伝えた。

スプートニク日本

時事通信によると、LVMHは声明で「われわれには新たな基準を作る責任がある。ほかのブランドも後に続くことを期待したい」と説明している。

両社は今後、一般のファッションショーやファッション撮影ではXXS(日本のSS)のサイズよりも小さな洋服は採用せず、16歳未満のモデルを起用しないという。

両社はこれまでに、行き過ぎた細身をあたかも推奨し、その結果、拒食症患者の増加にも繋がったとして、 一度ならず批判の対象となってきた。ケリング社の フランソワ・アンリ・ピノーCEOは 「業界全体がわれわれの例に倣うことを期待している。これは、モデルの労働条件の大きく改善することになるのだから」とコメントした。

先に伝えられたところ、肌の色で嘲り笑われていた南スーダン出身の女性がインスタグラムで大人気となり、モデルのキャリアを始めた。

タグ
ファッション
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント