14:49 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    「切り裂きジャック」の正体が明らかになる

    「切り裂きジャック」の正体が明らかになる【写真】

    © Fotolia/ Showcake
    社会
    短縮 URL
    2360741

    英国人のデイビッド・ブロック氏が、「切り裂きジャック」として知られる19世紀末に発生した連続殺人事件の犯人とみられる人物を特定した。

    スプートニク日本

    ブロック氏は、書籍「The Man Who Would Be Jack(ジャックかもしれない男)」で、「切り裂きジャック」の正体は、トーマス・カトブシュという男であり、その墓はロンドンのナンヘッド墓地にあると書いている。

    ブロック氏は、カトブシュという男は多くの点で犯人像に一致していると考えている。

    「切り裂きジャック」事件が起こった1888年、カトブシュは同事件が発生したロンドンのホワイトチャペル地区で働いており、売春婦を嫌い、解剖と手術に熱中しており、1891年に女性2人を襲った罪で逮捕されている。

    ​「切り裂きジャック」は、1888年から1891年にロンドンのホワイトチャペル地区で少なくとも5人を殺害した。連続殺人の犠牲者となったのは、地元の売春婦たちだった。ロンドン警察は犯人を特定することができず、未解決事件となった。

    先の報道によると、スコットランドの孤児院Smyllum Parkの近くで共同墓地が見つかった。 墓地には400人以上の子供が埋葬されていた。ガーディアン紙が報じた。

    タグ
    歴史, 文化, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント