11:56 2018年07月18日
列車

手足のない男性に列車で障害者手帳が要求される【写真】

© Fotolia / Ekaterina Pokrovsky
社会
短縮 URL
0 34

フランスで列車の車掌が手足のない乗客に障害者手帳を示すよう要求した。同じ車両に乗っていた人が憤慨したことで、要求は取り下げられた。

スプートニク日本

フィリップ・クロワゾン氏は2010年、四肢を失った人として初めてフランスと英国の間のイギリス海峡を泳いで横断することに成功したことで有名。クロワゾン氏がルーアン発パリ行きの列車に乗っていると、切符確認をしていた車掌が近づいてきた。ニュースサイト「Local」が報じた。

クロワゾン氏が車椅子に乗っており、四肢がないことは明らかだったにも関わらず、車掌は「障害者手帳」提示を要求。フランスでは手帳を持っている人は、割引券を買う権利を有する。

同じ車両に乗っていた他の乗客が不満をあらわにすると、車掌はクロワゾン氏から離れていった。

クロワゾン氏はしかしツイッターで車掌を擁護し、車掌の1日が悪い日だったり、疲れていたのかもしれないと理解を示した。

クロワゾン氏は以前、製鉄所で働いていたが、1994年に自宅で感電して四肢を切断した。

​先の報道によると、ロシアのバレーボール・クラブチーム「ファーケル」のアレクサンドル・キメロフ選手は、ロシアの格安航空会社「パベーダ」の旅客機から「自分の席に座らなかった」ことを理由に降ろされた。

タグ
スキャンダル, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント