11:22 2018年12月19日
ウガンダ

ウガンダで魔術師が雨を降らせるために子供を生贄に

CC BY-SA 3.0 / Omoo / Kampala Skyline
社会
短縮 URL
0 07

東アフリカのウガンダで魔術師や治療者らが雨を降らせて干ばつから救うために子供を生贄に捧げている。

スプートニク日本

ウガンダは半世紀ぶりの深刻な干ばつに見舞われており、150万人以上が飢えに脅かされている。同国では大勢の住民が、精霊が雨をもたらすと信じている。

9月だけでも儀式殺人を行った容疑で44人が拘束された。うち1人は8件の殺人を自白した。ニュースサイト「リリージョン・ニュース・サービス」が報じた。

2015年には子供7人、大人6人の遺体、2016年には子供7人、大人2人の遺体が発見された。犠牲者らの耳、歯、唇、性器はなくなっていた。

警察はウガンダでの儀式殺人について、実際のところは遺体がみつからなかっただけではるかに多いとの見方を示している。

関連記事

性的暴行疑惑の元TBS山口氏、検察審査会が「不起訴相当」と議決:民事裁判に発展か?

旧ソ連とロシアで起きた凄惨な人肉食事件

タグ
びっくり, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント