13:09 2021年01月22日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

元F1レーサーのミハエル・シューマッハ氏のレーシングカーの売却が決まった。オークションに出されるのは2001年のF1のシンボルにもなったの赤いフェラーリ。競売は11月16日、ニューヨークで行われる。入札価格は400万ドル。

スプートニク日本

シューマッハ氏は2013年、アルペンスキーで頭部に負った外傷により昏睡状態となった。現在は昏睡状態は抜け出し、自宅に戻ったものの、重い障害を克服する治療が続けられており、家族はこれに1600万ドル以上を費やした。2016年にはノルウェーに所有していたヴィラとシューマッハ氏の自家用機が売却されている。

2016年、インスタグラムにはシューマッハ氏の公式ページが登場した。

これより前、ミハイル・シューマッハ氏の妻であるコリーナさんの元に、子どもを殺すと脅して90万ユーロ(約1.1億円)を強請るメールが届いていたと伝えられた。

先ほど、カナダで、1109カラットと世界最大のダイヤ原石「Lesedi La Rona(レセディ・ラ・ロナ)」が5300万ドルで英「グラフ・ダイヤモンド」社に売却された。

関連ニュース

数学者 F1史上最も優れたレーサーを明らかにする

タグ
スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント