09:41 2020年09月21日
社会
短縮 URL
142
でフォローする

SNS大手のフェイスブックは、米国のフェイスブックでの「ロシアが関与した」とされる広告投稿の半数以上は2016年11月の米大統領選挙のあとに表示され、4分の1は全く閲覧されていない、と声明で発表した。

スプートニク日本

声明は、米議会で行われた公聴会の総括として発表された。この公聴会ではフェイスブック幹部が、2015年から2017年にかけてフェイスブックに投稿された3千件の広告の情報を議会に提出した。これらの広告はロシア企業「インターネット・リサーチ・エージェンシー」が投稿したとされ、「人種・社会問題での意見の相違を煽った」といわれている。

米議会では、今回の情報が米大統領選挙にロシア政府が「介入」したことを裏付けるものとしている。この「介入」についてロシア政府は完全に否定している。

タグ
露米関係, facebook, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント