06:27 2019年12月15日
米FBI元捜査官、アンネ・フランクさん拘束の真相を調査へ

米FBI元捜査官、アンネ・フランクさん拘束の真相を調査へ

© AFP 2019 / ANNE FRANK FONDS
社会
短縮 URL
143
でフォローする

米連邦捜査局(FBI)の元捜査官らは「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクさんの拘束の真相を調査することを明らかにした。

スプートニク日本

FBIの元捜査官らの20人はアンネさんが秘密警察に見つかった理由について究明することを目指し、調査チームを作った。アンネさんが拘束されてから75年となる2019年8月に結果を公表する狙いがある。NHKが伝えた。

アンネ・フランクさんは、第2次世界大戦中、ナチスのユダヤ人に対する迫害から逃れようと、オランダ、アムステルダムの隠れ家で生活していたが、1944年、秘密警察に拘束され、その後15歳の時に強制収容所で死亡した。

しかし、アンネさんの隠れ家について、何者かが秘密警察に密告したか、秘密警察が偶然見つけたか、現在にも不明。

最近の研究によると、ナチス占領下のアムステルダムで一家が隠れた建物にあった会社で、違法雇用や食糧などの配給券を巡る不正があり、逮捕者も出ていた。ナチスの警察はその捜査のために建物を急襲し「単なる偶然」で隠れ家を見つけた可能性があるという。

密告説についてはさまざまな研究が行われてきたが、密告者はなぞのまま。博物館のレオポルド館長は新説が「密告説を退けるまでのものではない」とする一方、「別の可能性も考慮されるべきだ」と指摘した。

関連ニュース

ウルグアイに大金をもたらすかもしれないナチスの宝物 【写真・動画】

ナチス式敬礼の中国人観光客2人を拘束 ベルリン国会議事堂前で

アマチュア歴史家、バイエルンアルプスでナチスの財宝を見つける【写真】

タグ
歴史, ナチズム, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント