20:04 2017年10月24日
東京+ 15°C
モスクワ+ 0°C
    妻

    インド最高裁 「未成年の妻との性交渉はレイプに該当」

    © AP Photo/ Ajit Solanki
    社会
    短縮 URL
    224752

    11日、インドの最高裁判所は未成年の妻との性交渉はレイプに該当するとの判断を下した。これにより、議論を呼んだ同国の法制度における欠陥が是正されることになる。

    スプートニク日本

    法制度における不一致に起因するこの問題は近年大きな議論を呼んでいた。子どもを性犯罪から保護する法律によれば、「子ども」は「18歳未満の者」を指し、関係する法律に従えば女性は18歳になってからのみ結婚できる。

    だが刑法375条によれば、「妻が15歳及びそれ以上の年齢の夫婦間の性交渉はレイプではない」とされている。

    インドでの低年齢での結婚件数は、近年減少しつつあるものの依然として多いままだ。政府のデータによると、18歳から29歳までの女性の46%が結婚当時まだ未成年だった。このような状況が続いている原因として、インドの様々な社会共同体の文化的・宗教的伝統や、高い水準にとどまっている貧困率や低い就学率、さらに親が経済的理由から未成年の娘を結婚させるケースが多いことが度々指摘されてきた。

    今回、原告のNGO「Independent Thought」はこの法制度の欠陥是正を訴えたが、インド政府は現在国内に未成年の新婚の妻が2300万人いるとし、「夫婦間の性交渉」の犯罪化は不適当だとして、現状の維持を主張していた。

    関連ニュース

    「3度のタラーク」はイスラム教の慣習それとも女性の権利の侵害?

    インドの嫁入り道具は夫から身を守るこん棒

    タグ
    裁判所, インド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント