02:34 2017年11月21日
東京+ 4°C
モスクワ+ 2°C
    「環境のハルマゲドン」は始まっている 昆虫激減が人類に警告

    「環境のハルマゲドン」は始まっている 昆虫激減が人類に警告

    © AFP 2017/ Samuel Aranda
    社会
    短縮 URL
    1131193

    ドイツ、オランダ、英国の研究者グループの調べにより、ドイツ全土で有翅亜綱の昆虫の数が4分の3も減少している事実が明るみになった。研究者らはこの激減について、こうした昆虫が食物連鎖や植物の受粉でで果たす役割を考えると、地球の声明全体への深刻な脅威となるとの見解を表している。研究発表は科学雑誌「プロス・ワン」に掲載された。

    スプートニク日本

    ドイツでは1989年から63の地区で1500を超す昆虫の捕獲調査が行われてきた。その結果、捕獲された昆虫の総重量が27年間で76%も減少していることが明らかにされた。研究者らは、これらの捕獲調査は自然保護区で行われたものの、農業が盛んな地域でも数値はたいして変わりがないと指摘している

    昆虫が激減した原因について、研究者らは昆虫の生息環境が人間によって破壊されたこと、殺虫剤の使用、地球温暖化が関係しているのではないかとの見方を示している。

    調査に参加した英サセックス大学のジェイヴ・グルソン教授は「昆虫は地球上のあらゆる生命のおよそ3分の2を構成しているが、今、その激減が観測されている。人類は広大な土地を生命体の大半が住めないように損なっているため、環境のハルマゲドンへの道をひた走っていると思う。昆虫を失うような事態になったら、すべては瓦解する」と語っている。

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント