22:54 2020年08月11日
社会
短縮 URL
0 42
でフォローする

辞書出版社コリンズが、今年の言葉を発表した。選ばれたのは「フェイク・ニュース(fake news)」。

スプートニク日本

コリンズの辞書では、「フェイク・ニュース」という単語の組み合わせは「ニュースの形で広められる虚偽、時にセンセーショナルな情報」と定義されている。

コリンズによると、昨年1年間で「フェイク・ニュース」という言葉の使用頻度は365%高まり、前例のないレベルとなった。

コリンズはこれについて、2016年米大統領選挙をめぐる多くの出来事と関係していると指摘している。「フェイク・ニュース」という言葉の「人気」に貢献したのは、この言葉をマスコミに対して頻繁に使用しているトランプ米大統領だという。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント