22:14 2018年06月20日
パスポート

米、小児性愛者のパスポートに印をつけ始める

Greg Blomberg
社会
短縮 URL
154

10月30日から米国務省が、未成年に対する性犯罪の前科がある米国人のパスポートに特別な印をつけ始めたと発表した。

スプートニク日本

パスポート裏側の見返しに「保持者は未成年に対する性犯罪で有罪判決を受け」米国の法律に則り「性犯罪者にあたる」との文面が印刷される。

未成年に対する性犯罪者の情報は、米国土安全保障省が提供する。対象者には、彼らのパスポートが失効し、印とともに再発行されると通達される。通告までは現行のパスポートを利用することが可能だ。

ニューヨーク・タイムズによると、対象の人数は明らかになっていない。

登録された性犯罪者の市民権のために戦う非営利団体「性犯罪についての憲法のための同盟」はパスポートに印をつけるという考えを批判した。昨年、同盟は米政府を訴え、パスポートへの印は性犯罪者の憲法上の権利を侵害していると主張した。

関連ニュース

米俳優ケビン・スペイシー、セクハラ疑惑後に支援訴え

米俳優ケビン・スペイシーのカミングアウトにゲイたちが非難

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント