03:43 2018年01月22日
東京+ 5°C
モスクワ-2°C
    ニュージーランド首相の猫 車に轢かれ死亡

    ニュージーランド首相の猫 車に轢かれ死亡

    © Fotolia/ DimaCrow
    社会
    短縮 URL
    0 13

    ニュージーランドのアーダーン首相の飼い猫が、首相の自宅近くで自動車に轢かれ死亡した。「ニュージーランド・ヘラルド」紙が伝えた。

    スプートニク日本

    事故の後、この猫は動物病院に運ばれたが、獣医らはどのような方法でも猫を救うことができず、死亡が確認された。

    猫の名前はパドルズ。ニュージーランドの「ファーストキャット」と呼ばれ、パドルズ名義のアカウントがインスタグラムツイッターに開設されるなど、SNSのスターとなっていた。

    パドルズの死亡後、SNSにはその死を悼むファンのコメントが何百も寄せられた。中にはパドルズのために国葬を執り行うことを求めるものさえあった。

    アーダーン氏自身もインスタグラムにパドルズのイラストを投稿し、「自分のペットを失ったことのある人は誰でも、我々がどれほど悲しいか分かることだろう。パドルズはとても愛されていた、そしてパドルズを愛していたのは我々だけではない」と別れの言葉を寄せた。

    37歳のジャシンダ・アーダーン氏は10月末からニュージーランドの首相を務めており、同国史上最も若い首相となっている。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント