05:44 2020年08月16日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

英国人技師のリチャード・ ブラウニング氏が開発したジェットエンジンの飛行スーツが世界最高速度を記録した。ギネスブックが発表した。

スプートニク日本

水上飛行に挑んだブラウニング氏は3回目の試みで時速51.53キロを達成。最後には水中に落下したものの、100メートル以上の距離を飛行したため、今回の最高速度は記録された。

この飛行スーツは、負荷を分散させるための軽量パワードスーツに6つの小型ガスジェットエンジンが取り付けられ、飛行データを表示するための特殊サングラスも装備されている。

ブラウニング氏は、時速百キロまで速度を上げることもできるが、その場合はまだ飛行時の制御が難しく危険を伴うと説明する。

タグ
びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント