10:23 2017年11月19日
東京+ 10°C
モスクワ+ 2°C
    学校

    トランスジェンダーの学生に間違った呼びかけをした教員が停職処分を受ける

    © Fotolia/ Kzenon
    社会
    短縮 URL
    1129224

    英国の高校教員が、女性の体で生まれたが男性として生きるトランスジェンダーの学生に間違った呼びかけをして停職処分を受けた。

    スプートニク日本

    教員は、自身を男性だと考える女子生徒への呼びかけの言葉を間違え、罰を受けた。

    オックスフォードシャーにある高校の数学教師ジョシュア・サトクリフさん(27)は、授業中に生徒2人が熱心に勉強していることに気づき、2人に近づいて「良い出来だよ、女の子たち」と声をかけた。

    だが、うち1人はトランスジェンダーだったため、教員は訂正し、謝った。しかし生徒は親にそのことを伝え、親が学校にクレームをつけた。デイリー・メール紙が報じた。

    近いうちにも懲戒審問があり、教員は解雇となる可能性がある。

    教員は「ミスジェンダー」、すなわち性別と異なる間違った呼びかけをしたとして訴えられている。また「被害者」の学生の家族は、授業中にこの教員から常に難癖をつけられていたと主張している。

    教員は出来事を認め、涙を流し、状況を作家フランツ・カフカの書籍のテーマにたとえ、この場合「政治的正しさは極度に達した」と述べたという。

    関連ニュース

    ハリウッド大物プロデューサーのセクハラ・スキャンダル、俳優やネットの反応を二分する

    タグ
    スキャンダル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント