05:16 2018年08月19日
セックス

若者たちの新たな性の習慣

© Fotolia / Antonioguillem
社会
短縮 URL
0 34

過去20年間で一般的ではない性行為が若者たちの間ではるかに人気となった。医学誌「ジャーナル・オブ・ アドレッセント・ヘルス」に掲載された論文の中で述べられている。

スプートニク日本

初めてセックスをする年齢は1990年代初頭から変わらず14歳から16歳だが、若者たちが喜びを得る性行為が変わった。それは一般的な性行為ではなく、オーラルセックスやその他のタイプのセックスだという。

学者たちによると、20年前にそのような性行為を好んでいたのは若い男性や女性の約10%だったが、現在はアンケートに答えた若い男性の約4人に1人、若い女性の5人に1人がそのような性行為を好んでいるのを認めたという。

学者たちは、若者たちのこのような性行為の変化はマスカルチャーの「性欲化」、ネット上でのこれらの性行為に関する情報の普及と関係があると考えている。

関連ニュース

激しいオーガズムは目に悪い=英医師

 

タグ
研究, セックス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント