15:01 2018年06月18日
慰安婦像 大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市関係解消へ

慰安婦像 大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市関係解消へ

© Fotolia / Andy
社会
短縮 URL
5165

米サンフランシスコのリー市長は22日、中国系などの団体が市内に設置した旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像寄贈の受け入れを承認した。14日、サンフランシスコの市議会が民間からの像の寄贈を受け入れる決議案を可決、リー市長は10日以内に拒否権を行使することが可能だったが、寄贈を受け入れる文書に署名した。

スプートニク日本

共同通信によると、姉妹都市である大阪市の吉村洋文市長はリー市長に対し拒否権の行使を求め、拒否しなければサンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消すると申し入れていた。

今回リー氏が像の受け入れを承認したことで、両市の姉妹都市関係の解消が決定的となったという。

大阪市とサンフランシスコ市は1957年に姉妹都市提携を結んだ。

関連ニュース

慰安婦関連資料 記憶遺産登録見送りへ

9月22日は「慰安婦の日」 米サンフランシスコ市議会が決議案採択

韓国政府 慰安婦の​国立​博物館をソウルに建設へ

タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント