21:18 2018年02月19日
東京+ 7°C
モスクワ-3°C
    フィンランドに昆虫入りパンが登場

    フィンランドに昆虫入りパンが登場

    © Fotolia/ Tyler Olson
    社会
    短縮 URL
    0 31

    11月24日からフィンランドの首都ヘルシンキの店頭で昆虫から作られたパンの販売が開始される。地元の新聞「ヘルシンギン・サノマット」紙が報じた。

    スプートニク日本

    製造元はフィンランドの食品大手の「Fazer」社。「Fazer」社はチョコレート・メーカーとして有名。「Fazer」社の説明では1斤のパンに乾燥させたコオロギが70匹使われている。

    コオロギは粉砕され、小麦粉に加えられる。1斤のパンあたりにコオロギの占める含有量は3%ほど。

    「ヘルシンギン・サノマット」紙の報道によれば、現段階ではコオロギ・パンの販売は原料不足から一部の地域に限定されるものの、将来は流通領域は全土に拡大される。

    気になるお値段だが1斤4ユーロほどに設定されている。

    タグ
    食事, フィンランド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント