12:28 2018年09月23日
ヒトラー

ヒトラーの最期の晩餐が明らかに

CC0 / Public Domain
社会
短縮 URL
151

オーストリアの歴史学者が、ヒトラーのコック、コンスタンツェ・マンツィアリの手紙を公開した。手紙ではヒトラーの好みと最期の食事について言及がある。Focusが報じた。

スプートニク日本

マンツィアリは、ヒトラーが前任のコックがアーリア人でないことを知ったあと、偶然この職についたという。マンツィアリはナチスのために働きたくなかったが、裁判にかけられることを恐れて断れなかったと手紙に記している。

マンツィアリの回想によると、ヒトラーは基本的に食事に気を使い、肉を食べなかったが、マンツィアリの作ったパイを好んだ。

1945年4月30日、マンツィアリはヒトラーの地下壕に呼ばれ、最期の夕食となったオムレツとじゃがいものピュレを作るよう命じられたという。Focusによると、マンツィアリはヒトラーの自殺を最初に知った1人だ。

関連ニュース

CIA:1950年代初期にヒトラーはまだ生きていた

ヒトラーの絵がドイツでオークションに 予想最低価格はなんと【動画】

タグ
食べ物, 歴史, アドルフ・ヒトラー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント