01:25 2018年09月25日
イシグロ氏

ノーベル賞の晩さん会でイシグロ氏、スピーチ

© AP Photo / Alastair Grant
社会
短縮 URL
120

スウェーデンのストックホルムで10日、ノーベル賞の授賞式後、受賞者を祝う恒例の晩さん会が開かれた。約4時間に及んでいた食事が終わった後、アルフレッド・ノーベルが遺言に残した順番に従って、受賞者がスピーチを行った。

スプートニク日本

文学賞を授賞した日系英国人の作家、カズオ・イシグロ氏はスピーチで、「長崎で暮らしていた5歳のときに母親から初めて"ノーベルショウ"という言葉を聞き、"ヘイワ"を広げるものだと教えられた。幼いながら"ヘイワ"がとても大切なことだと理解した」と語った。

また、「ノーベル賞は小さな子どもでも理解できる大切なことを教えており、分断の時代の今、人類が共に力を合わせるべきものを示している。この賞を頂き、畏敬の念でいっぱいだ」と述べた。NHKが伝えた。

晩さん会にはスウェーデンの王族と招待客ら約1300人が出席している。晩さん会は、会場の飾り物と音楽が毎年に決定しているテーマに沿って選ばれいている。今年は北極やオーロラをモチーフにしたという。

タグ
ノーベル賞, 日本, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント