17:47 2018年09月21日
トランプ氏の狂気じみたゴリラ愛、多くの米国人が信じる

トランプ氏の狂気じみたゴリラ愛、多くの米国人が信じる

© AP Photo / Andrew Harnik
社会
短縮 URL
0 10

マッシャブルが伝えるところ、米国人はトランプ大統領のゴリラへの執着心に関するフェイク投稿を信じた。

スプートニク日本

米国の有名な俳優ベン・ワードさんはツイッターに、5日発売されたトランプ政権の暴露本『Fire and Fury: Inside the Trump White House(炎と怒り:トランプ政権の内側)』の抜粋にみせかけたジョークを投稿した。

マイケル・ウォルフ氏の本の抜粋と見せかけたジョークは「ホワイトハウスの最初の夜、トランプ大統領は、寝室のテレビにゴリラについてのチャンネルがなく、壊れていると訴えた。ホワイトハウスの職員はゴリラに関する大量のドキュメンタリー映画を探し、一種のテレビ番組になるよう編集した。トランプ氏はしかし不満そうに、ゴリラが喧嘩をしておらず、チャンネルが退屈だと述べた」というもの。

1日でツイートは5万強の「いいね」を集め、1万5000回強リツイートされた。そのうえ、一般人だけでなく、有名な俳優やテレビ司会者もまた投稿を信じた。

ウォルフ氏は自著でトランプ政権におけるホワイトハウスの内実を語っている。

書籍では特に、トランプ大統領とそのチームは大統領選挙で勝利するとは思っておらず、選挙結果は彼らを当惑させたと主張されている。またウルフ氏はバノン氏の発言を引用して、トランプ氏の勝利を保障するものは何もなかったため、同氏の家族はある段階で金銭的投資をする用意がなかったと書いている。

関連ニュース

トランプ氏 最も不誠実なマスコミへ賞の授与を準備

トランプ氏の髪型の秘密が明らかに

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント