18:45 2018年07月23日
オフィス

座りっぱなしは命に関わると研究者

© Fotolia / Galzpaka
社会
短縮 URL
0 60

伊ウーディネ大学とパドヴァ大学の研究チームは、長期間運動を行わないと、深刻な疾病の進行につながる可能性があると証明した。

スプートニク日本

チームは運動をほとんど行わない生活スタイルの健康への影響を研究。動かずに2週間過ごした高齢者を検査した結果、身体的な活動が全く欠けた状態では筋肉の萎縮がより急速に進行することが明らかになった。

チームによると、同様の筋萎縮は様々な年齢の人々に見られる。身体的負荷の欠如や正しくない食生活、悪習慣は深刻な心臓疾患の進行を促進し、代謝に直接影響する。結果、コントロールできない体重増加やホルモンバランスの乱れにつながる可能性もある。

チームはまた、座りっぱなしの生活スタイルが引き起こした疾病は自力で移動する能力を奪うおそれもある。

関連記事

ゲーム障害は精神疾病に認定へ 2018年中旬から

アルコールはDNAにダメージを与え、がんのリスクを高める

タグ
健康, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント