15:23 2018年11月16日
国会議事堂 (ドイツ)

ドイツで第三帝国市民を自認する人増加中

© AP Photo / Markus Schreiber
社会
短縮 URL
2113

ドイツで国民主義的な「帝国市民」運動の参加者が1年で56%増加した。Focusがドイツの連邦憲法擁護庁の情報を基に報じた。

スプートニク日本

「帝国市民」とは国民主義的な運動で、その参加者はドイツ連邦の正当性を認めず、1937年当時の国境を持つドイツ国が今も存続しており、自らをその市民だと自称する。

Focusによると、1月には参加者の数は1万5600人に達した。

保安庁の算出によると、2017年1月当時の参加者はおよそ1万人だった。

「帝国市民」のメンバーは私設軍隊の創設を計画しているという。ドイツの連邦憲法擁護庁は、「帝国市民」の代表者らはいくつかの地域で秘密会合を開き、軍事組織の形成を話し合ったと明らかにした。

関連ニュース

ナチス パナマ運河破壊を計画していた

ヒトラーの電話帳 500万円で落札

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント