07:57 2021年05月06日
社会
短縮 URL
0 110
でフォローする

パレスチナのベツレヘムに、人類初の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンの胸像が設置される。除幕式は1月19日に予定されている。これは2国間文化交流の発展を促進する。露紙イズベスチアが、国際慈善財団「文化の対話―1つの世界」の情報を引用して報じた。

スプートニク日本

パレスチナにある帝室正教パレスチナ協会のダブド・マタル氏はイズベスチア紙に「これはポジティブな出来事だ。ユーリー・ガガーリンは世界初の宇宙飛行士。パレスチナ人にとってガガーリンの記念碑が自分たちの地に設置されるのは大きな名誉だ。これはパレスチナに対するロシアの配慮を物語っている」と語った。

またマタル氏は、「記念碑が洗礼際(1月19日)に設置されるのは注目に値する」と指摘した。

関連ニュース

タイで国内初のガガーリン像建立へ

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント