16:12 2018年05月25日
東京+ 26°C
モスクワ+ 15°C
    「二度と一緒に働かない」アレン氏、セクハラ疑惑再燃

    「二度と一緒に働かない」アレン氏、セクハラ疑惑再燃

    © AFP 2018 / Valery Hache
    社会
    短縮 URL
    0 20

    米ハリウッド映画界のセクハラ問題を受け、人気映画監督ウディ・アレン氏(82)がセクハラ疑惑を告発された。同氏の作品に出演した女優から非難が続出、アレン氏が否定しているにもかかわらず、3月にアカデミー賞授賞式を控える映画界に波紋を広げている。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    セクハラの被害者、アレン氏の養女だったのディラン・ファローさん(32)は7歳だった1992年にアレン氏に性的虐待を受けたと主張した。

    ハーベイ・ワインスタイン氏妻
    © AFP 2018 / Getty Images North America/Pascal Le Segretain
    ディランさんの養母で女優のミア・ファローさんによる届け出を受けて警察が捜査したが、1993年に嫌疑不十分で不起訴となった。

    しかし、ディランさんは2014年に再び被害を訴える公開書簡を公表。

    こうした事態に、映画「レディ・バード」で注目を集める監督で女優グレタ・ガーウィグさんはアレン氏とは「二度と一緒に働かない」と発言。

    関連記事

    俳優マーク・ウォールバーグ、セクハラ被害者支援に1億6000万円を募金

    著名な仏女性100人、「女性に言い寄る」男性の権利を主張

    米俳優ケビン・スペイシー、セクハラ疑惑後に支援訴え

    タグ
    スキャンダル, 映画, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント