22:11 2021年01月16日
社会
短縮 URL
1012
でフォローする

元キューバ国家評議会議長フィデル・カストロの長男であるフィデル・アンヘル・カストロ・ディアス・バラートは2日未明、自殺した。キューバのJuventud Rebeldeポータルサイトが報じた。

スプートニク日本

同ポータルによると、カストロ氏は数か月にわたってうつ病で苦しんでおり、治療を受けていた。

カストロ氏は1949年生まれ。1974年ロシアのM.V.ロモノーソフ記念モスクワ国立総合大学・核物理学科を卒業し、科学修士号を取得。1972〜78年理数系分野の博士号を取得。2007年京都外国語大学名誉教授。近年、キューバ国家評議会科学顧問を務めていた。

タグ
キューバ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント