14:38 2018年11月17日
女子学生

公立小のアルマーニ制服騒動、校長に批判殺到も立場変えず

© Fotolia / Milatas
社会
短縮 URL
4117

東京・銀座の中央区立泰明小学校の和田利次校長が、今年春に入学する新入生用として独断で高級ブランド「アルマーニ」監修の標準服(制服)を導入したことが、日本のマスコミをにぎわせている。

スプートニク日本

この新制服を一式揃えると、8万円を超えてしまうことから、「保護者から負担が重すぎる」と匿名の苦情メールが届き、問題が大きくなった。9日、和田校長は記者会見し、制服変更に関してじゅうぶんに情報共有しなかったことを反省しながらも、あらためて「新一年生からこの制服でやっていく」「ご理解いただき購入してほしい」と強調し、変える考えがないことを明らかにした。

日本には制服のある公立小学校が少なく、全体の4分の1程度だ。制服にかける費用も1万円~1万5千円あたりが標準であり、泰明小学校は群を抜いて高い。泰明小学校は学区制ではなく中央区の特認校であるため、中央区全域から入学希望者が集まっており、比較的所得の高い世帯の児童が多いと見られる。しかし、私立ではなく公立であるため、結局は校長の独断による押し付け・ブランド志向だと見る向きが多い。

​和田校長は「購入が無理なら類似品で」とデリカシーに欠ける発言もしており、「それなら、なぜ高額すぎる制服を採用するのか」と批判を受けている。

関連ニュース

クリスマスプレゼントを願う「心が痛む」手紙がFBで話題に

小学校の問題に全中国ネットが困惑

タグ
スキャンダル, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント