22:35 2018年11月15日
ユニセフ

日本は出産が一番安全な国=ユネスコ新生児死亡率報告書

© AP Photo / Hermann J. Knippertz
社会
短縮 URL
313

国連児童基金(ユニセフ)は20日、世界の新生児死亡率に関する報告書を発表した。日本の死亡率が最も低く、1,111人に1人と「赤ちゃんが一番安全に生まれる国」となった。

スプートニク日本

最も死亡率が高いのはパキスタンで22人に1人の割合。続いて中央アフリカ、アフガニスタン、ソマリア、レソトと続く。

日本人
© Sputnik / Наталья Селиверстова
最も低いのは日本に続きアイスランド、シンガポール、フィンランド、エストニアとなった。また、ベラルーシ、ルクセンブルク、ノルウェーと同率になった韓国での割合は667人に1人だ。

世界全体では年間約260万人の新生児が亡くなっており、低所得国における死亡率は千人あたり27人と極めて高い。こうした死亡の80%は早産や出生時の合併症、感染症によるものであり、清潔な水や消毒、栄養、助産師など解決策は明らかだという。そのためユニセフは、そうした国々への支援を訴えた。

関連ニュース

ロシア、出生数・死亡数ともに減少

世界で最も平和な国が発表される

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント