05:57 2018年12月11日
スティーヴン・ホーキング博士スティーヴン・ホーキング博士

スティーヴン・ホーキング博士が死去

© AP Photo / © East News / Photoshot/REPORTER
1 / 2
社会
短縮 URL
0 66

英国の理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。英BBCが伝えた。

スプートニク日本

ブルームバーグ通信がホーキング博士の家族の話を引用して伝えたところによると、ホーキング博士は14日午前、ケンブリッジの自宅で穏やかに死去したという。

ホーキング博士は、ビッグバンやブラックホールの理論を研究していた。小さな質量のブラックホールはエネルギーを失い、「事象の地平線」に沿って拡散し、徐々に消えるという理論を提唱した。
ブラックホールによって放出されるエネルギーは「ホーキング放射」と名付けられた。

ホーキング博士は1988年に出版された『A Brief History of Time』により科学の普及者として有名になった。

ホーキング博士は1963年の22歳の時に筋萎縮性側索硬化症と診断された。全身麻痺にもかかわらずホーキング博士は科学に従事し、教鞭をとり、コンピュータによる合成音声を利用して世界とコミュニケーションをとり活動的な生活を送った。

関連ニュース

ホーキング博士の予測 人類は2600年までに滅亡する

ホーキング博士、自身の博士論文をオープンアクセス化

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント