18:42 2020年09月30日
社会
短縮 URL
220
でフォローする

英経済誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」が発表した2018年報告書によると、最も生活費の安い町はシリアの首都ダマスカスとなった。

スプートニク日本

ニューヨークの生活水準をベースにしてリストが組まれた。最も生活費がかからない国には他にカラカス(ベネズエラ)、アルマトイ(カザフスタン)、ラゴス(ナイジェリア)、バンガロール(インド)が入った。

最も生活費がかかる町はシンガポールが首位。続いてパリ、チューリッヒ、香港、オスロとなった。

関連ニュース

タグ
調査, 番付・ランキング
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント