03:01 2018年07月19日
露で麻薬中毒ワクチンを開発中

露で麻薬中毒ワクチンを開発中

© Fotolia / BillionPhotos.com
社会
短縮 URL
0 70

重度の麻薬への依存形成を妨害するワクチンが開発されている。今のところモルヒネやヘロインに類する麻薬についてのみだが、学者らは将来このリストを拡大したいとしている。「イズベスチヤ」紙が国立麻酔学科学センターのタチヤナ・クリメンコ所長の話として伝えている。

スプートニク日本

この薬剤は、一定の向精神性物質の作用を、それに対する抗体をつくることで阻止する。その後は、人体が自主的に抗体をつくり始める。

ワクチンの基礎にあるのは、馬の血液から得られた抗体。動物を使った実験で、薬剤が導入後1年間にわたって活発であることが示されているため、繰り返し定着しなければならない。

試験が無事成功すれば、ワクチンを麻薬中毒の予防の一環として未成年者に導入することが可能になる。

しかし、このようなアプローチを正しいと考える医師は全員には程遠い。

蘇生術が専門のセルゲイ・センチュコフ医師は、あらゆる麻薬の作用を化学的手段によって完全に阻止することはできないと考えている。

センチュコフ医師は、「人体の中には内部麻薬(例えば、幸福感をもたらすエンドルフィン)もあり、もし受容器官がこれらを受け入れなければ、人間は単純に死んでしまう」と指摘している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント