07:33 2018年10月21日
ビジネスセンター「モスクワシティ」の建物

「アース・アワー」 モスクワではいくつの建物が「消える」のか?【写真】

© Sputnik / Alexander Vilf
社会
短縮 URL
0 40

世界自然保護基金(WWF)は毎年3月の最終土曜日に国際キャンペーン「アース・アワー」を行っている。これは気候変動、光害、その他の環境問題に関心を引き付けることを目的としている。ロシアは2009年に同キャンペーンに加わった。今年2018年のキャンペーンはこれまでで最も大規模なものとなり、約3000万人が参加する。

スプートニク日本

3月24日、ロシア全土で個人、学校、商業施設などが1時間消灯する。

  • 「アース・アワー」 モスクワで
    「アース・アワー」 モスクワで
    © Sputnik / Evgeny Biyatov
  • 「アース・アワー」 モスクワで
    「アース・アワー」 モスクワで
    © Sputnik / Iliya Pitalev
  • 「アース・アワー」 モスクワで
    「アース・アワー」 モスクワで
    © Sputnik / Dmitry Astakhov
1 / 3
© Sputnik / Evgeny Biyatov
「アース・アワー」 モスクワで

モスクワでは昨年より200多い1900以上の建物が「消える」。昨年オープンした「ザリャジエ」公園や、ビジネスセンター「モスクワシティ」の建物などもキャンペーンに参加する。

昨年は、モスクワのクレムリン、救世主キリスト大聖堂、「ルジニキ」スタジアム、ボリショイ劇場、ロシア下院議会などの照明が消された。

皆さんは「アース・アワー」に参加しますか?同キャンペーンをどう思われますか?

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント