14:43 2018年08月17日
アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏

アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏、情報流出問題でフェイスブックを退会

CC BY-SA 2.0 / Gage Skidmore / Steve Wozniak
社会
短縮 URL
191

アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏は、ユーザー情報に対するフェイスブックの怠慢を理由に、フェイスブックを退会したことを明らかにした。USAトゥデイ紙が報じた。

スプートニク日本

ウォズニアック氏は「ユーザーは自分の個人的な生活のすべての詳細をフェイスブックに伝えており、フェイスブックの全利益はその情報がもとになっている。だがユーザー自身は、その利益から何も得ていない」と発表した。

また同氏は、広告主に個人情報が開示されるならば、フェイスブックの使用料金を払った方がましだとの考えを表した。

ウォズニアック氏は「アップルは良質の製品でお金を稼いでいるが、フェイスブックではユーザーが会社の製品となっている」と述べた。

ケンブリッジ・アナリティカが集めたデータは2016年米大統領選挙と英国のEU離脱(Brexit)を問う国民投票の際、世論を操作するために用いられた可能性がある。データは第3者による性格診断アプリにより集められた。フェイスブックは、4月4日から第3者アプリによるユーザーの情報へのアクセス権限を制限すると約束した。

関連ニュース

タグ
びっくり, facebook, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント