18:46 2018年11月17日
授業(アーカイブ)

スウェーデンの中学校 テストと宿題を一時停止 ストレス改善が狙い

© Depositphotos / Alebloshka
社会
短縮 URL
0 43

スウェーデン北部のブーデン市にある中学校は宿題、中間、期末テストを4月の1カ月間だけ一時的に停止した。その理由について学校側は勉強に忙しく、ストレスのたまりがちな子どもらの健康をおもんばかっての措置だと説明している。スウェーデンのSVTテレビが報じた。

スプートニク日本

今回の停止は一時的な措置で、対象は7年生から9年生(日本の中学1年生から3年生)で夏休み前に9年生が受けねばならない国家統一試験を除く全教科。

今回の一時的な宿題、テスト停止策が子どもたちの健康状態に肯定的な結果をもたらしたと判断された場合、夏休み後もさらに2カ月間延長される。学校指導部は期間が過ぎた後、この措置の効果を評定し、策が功を奏した場合、来年2019年も同じ措置が取られうると期待を表している。今回の一時停止期間中、授業中に子どもたちの知識度が調べられる。

スウェーデンのこうした措置は、子どもが厳しい試験制度にさらされている日本にとっては驚きだろうが、一方で子どもの心理状態を考えれば、一考の価値があるかもしれない。

関連ニュース

タグ
教育, 子供, 日本, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント